検定1ヶ月前になったら

ラストスパートで弱点を埋めまくれ!

検定まで残り1ヶ月を切る頃になると、多くの受検者は自分の実力に不安を感じてしまうはずです。「たった1ヶ月じゃ、もう何もできない…」と弱気になってしまいがちですが、実はこのラスト1ヶ月の過ごし方が、検定の合否に大きく関わるといわれているのをご存知ですか?

まずは、残り1ヶ月をむかえるころまでに、過去3~4年分くらいの過去問はしっかり終わらせておくこと(当然ですね!)。2~3回繰り返して解いて、自信が出てきたら、模擬試験を受検するとよいでしょう。
模擬試験は、資格スクールの教室などでも受検できますが、忙しくて時間が取れない人や、教室が遠くて受けに行くのが難しい場合は、郵送してもらって地テクで受けることができます。
通信講座などでは、教材に模擬試験がセットで付いてくる場合もあるので、それを利用するとよいと思います。

模擬試験を受けるときのポイントは、できるだけ本番に近い形で受検すること。
そのためには、図書館などの静かな場所で試験開始時間と同じ時刻からスタートするとよいでしょう。
しっかり時計を見ながら試験を受けることで、本試験のときの時間配分が分かります。そして、模擬試験を受けると、自分がどのような問題を苦手としているのが、自分の弱点(穴)を知ることができるのです。
模擬試験の結果はひどい点数となる場合が多いですが、あまり落ち込みすぎないこともポイントです。点数が悪くて落ち込むよりも、自分の弱点をたくさん指摘してもらったことに感謝して、学習を続けることが重要なのです。

ラスト1ヶ月は、ひたすら自分の弱点を発見して埋めていく作業を続けます。
間違えた問題があったら、「ラッキー! 本試験前に弱点を知ることができてよかった」と思って努力しましょう。
間違えた問題を何度も復習し、できる限り穴を少なくして本試験に臨むことができれば、自然によい結果がついてくるはずですよ。

TOPページへ TOPページへ戻る

>>私も合格できた、進化した勉強法