FPの勉強法 ②テキストの使い方

よいテキストは問題集を補完する名脇役

前のページでは、FPの試験勉強における問題集の重要性について解説しましたが、このページでは、テキストの使い方についてお話したいと思います。

あくまでもFPの勉強法は問題集を中心に進めていく方が、効率的かつ効果的です。ですので、テキストはひと通り目を通して全体を把握したら、後は問題集で間違えたところやあやふやなところを確認するためのもの、という位置づけになります。

ときどき見かけるのですが、教科書の内容を丸暗記するために、すべてをノートに書き写して『お手製テキスト』を作ってしまう人がいます。この方法は、べらぼうに時間がかかって勉強した気になるだけで、実際はあまり頭に入っておらず、全く意味がありません。
それよりは、問題集を繰り返し解いているうちに何度も間違えてしまう苦手な項目が出てきたら、その部分だけをテキストの余白などに直接書き込んでみましょう。
手を使って書くこと自体は、記憶を定着させるために有効な動作ですので、ポイントを絞って書き込むならば問題ないと思います。同時に音読しながら解体すると、さらに記憶に残るのではないでしょうか。

ですから、テキストを選ぶ際には、①重要な項目だけに絞り込まれて編集されているか、ということと、②いかに見やすくまとめられているか、ということ、③効果的に余白が作られているか、ということなどをポイントとして選ぶとよいのではないでしょうか?

次へ 次のページへ進む

>>私も合格できた、進化した勉強法